トップ / 住まいの構造と機能とは

シンプルな住まいが理想

これから住まいを考えている人は、新築やマンションなのかにもよりますが、シンプルな住宅を考えるのも良いでしょう。建物の構造からみてもデザイン性を追求するあまり、壁に偏りがあったり、大きな部屋にする為に柱を減らしたりなど強度に不安が残るような造りはやめた方が良いでしょう。また、意外と軽視しがちな間取りの複雑性。限りある坪数の中でいかに必要な部屋を配置していくのか難しい部分もありますが、複雑な間取りにすると家の中の風通しが損なわれる傾向にあります。空気の流れが悪いと思いがけない場所にカビが生えたりして、住む人の健康面にも影響しかねません。シンプルな住まいがもたらすメリットを考えると良いかもしれません。

住宅の安全性を高める方法

住まいの安全性を高めたかったら、多角的に対策を練らなければなりません。最も大切なことは、治安の良い地域に住むことです。治安の良し悪しは、自分の力ではなかなか変えられないものですから、住居選びの際に、最適なところを選ぶようにしなければなりません。防犯対策には、個人的な努力も大切です。最も大切なことは、お金の無さそうな家に住むことです。盗むものがないような家であれば、極めて狙われにくくなります。鍵をたくさんつけたり、犬を飼ったり、明かりを多く灯すことも効果がありますが、これらは補完的なものだと考えた方が良いです。住まいの安全は自分で守りましょう。