トップ / 注文住宅について

注文住宅のメリットを考える

価格、立地など多くの制約の中で様々な選択肢がありますがその中で注文住宅には他にないメリットがあります。それは家の間取りを自由に決められるということです。家族の人数や駐車場の必要台数などを考慮して敷地を自由に使えますし、家の中でどの設備に重点を置くのかも望むままです。工務店に自分の希望を伝えれば、工法を工夫したり、重視しない設備のグレードを下げたりと、価格を抑える方法を提案してくれます。注文住宅を建てるときには家のイメージをはっきりと持ち、それを密なコミュニケーションで工務店にうまく伝えることが重要です。

注文住宅と予算について

注文住宅は自由設計が出来ると言うメリットが有ります。家のデザインを作り上げ、間取りを作り、そこに利用する住宅設備や建材を選んで家づくりを進めていく事になります。家づくりには予算があるので、お金をかけすぎてしまえば予算オーバーになります。それ故に、注文住宅での家づくりを行う場合は、拘る部分にはお金をかけ、節約できる部分はコストを下げることで予算に合う家づくりを行えるのです。また、設備や建材を選ぶ場合は家づくりを行う時にはモデルルームや住宅展示場などに通って見る目を養う事が大切なのです。